ミドル世代の就活で最後に残った調理補助の仕事が

就活日記
出典:写真AC

皆様の力でブログを応援お願いします

にほんブログ村 転職キャリアブログへにほんブログ村
人気ブログランキング
ミドルからの転職40代、50代の挫折の中で復活する転職ナビ - にほんブログ村

ブログの読者になってくれると嬉しい

皆様の力でブログを応援お願いします

にほんブログ村 転職キャリアブログへにほんブログ村
人気ブログランキング
ミドルからの転職40代、50代の挫折の中で復活する転職ナビ - にほんブログ村

ブログの読者になってくれると嬉しい

調理補助のバイトは決して良い時給ではありません
最低賃金の底辺なお仕事です
それに保証人が二名と健康診断が自費で条件は
よくありません

この記事を書いた人
ayura

私は関西在住にニューハーフです
只今、就活中でライターの仕事をしながらブログを書いたりしています

ayuraをフォローする

ミドル世代の就活結果にドラマがあり

調理補助の選考の結果は
8時間で25日勤務は、予算がないということで不採用でした。5時間勤務だと可能性あるといわれて、再選考になったのです。
再選考の結果は

選考が遅いので私が強くいってねじ込みましたと言われました。
同じ年齢だし、これ以上待たすのも可哀想なので、ねじ込んだと言われました。
ですが、越えないといけない壁が

  • 保証人を二人用意すること
  • 健康診断を自費でうけること

7000円ほど健康診断はかかって、就活の私には金銭が厳しいのです
この二つが越えれるか、微妙なんです。

ですが、私のために押してくれたご恩があるので
なんとかしたいです。

ここだけでは、生活できないのでダブルワークが良いかなとおもいます。
でも、慣れるまでは、ここだけにしようとおもいます。
収入は、6万円ほどになるのでしょうか。
調理補助で働くことで経験になります。
ミドル世代で未経験は、だめなのです
即戦力を求められるのはミドル世代です

ミドル世代の管理人の考え

出典:写真AC

働く条件は厳しいものかあり、条件もきぴしい。
しかし、同じ年代でもあるので可哀想なので
ねじ込んだと言われると厳しい条件でも
なんとか働きたいとおもいます。
保証人と健康診断費用です。
保証人は、なりたがらないし、健康診断費用も厳しいのです
それと調理補助の経験は、おおきいです
他の調理補助でも経験者としてアピールできるので
大きな武器になるのは、間違いありません
ミドル世代なので、これからは、
工場より飲食に仕事の道をシフトしないとお仕事は
得られないようになると思います
これは、チャンスと思ってます。

調理補助と働くとして

調理補助の収入だけでは生活費が足らないのでダブルワークになります。

二つの仕事をできるだけの体力はあるのか、調理補助の仕事が私にあっているのか

不安はあります。

一つの仕事より二つの仕事を持つというのは、出来るかの不安があります。

もう一つは

国民健康保険になるということです。国民年金にもなります

年金額は、社会年金と大きな開きがあり、国民健康保険のほうが、

保険料金がたかくなります。

給料が安いうえに保険料と国民年金の支払いをいれたら、ほとんどのこらないでしょう

一つの仕事で、社会保険のほうが、良いのですが、会社側は負担になり

最低賃金の募集であれば、嫌がるのです

市

会社にとって予算があって

長い時間を働くのが良いと思いましたが

そうではない事を知りました

あゆら
あゆら

家から近いし週6日でるのだから

会社側に好感は得ていると私は思っていましたが

予算がすくないので、短い時間が良いのは

今回しりました

まとめ

調理補助での経験は間違いなくおおきお経験です
最低賃金ですが、これこらステップアップは、できていくでしょう。
ミドル世代で未経験は敬遠されるので経験あると
就活におおきい
ミドル世代の仕事は、工場から飲食にシフトするのは、
正解だとおもいます。
ミドル世代でも働かないといけません。
70歳ぐらいは、まだまだ働けるとおもいます
この調理補助の経験はなによりも大きい経験になるでしょう

コメント